2021年12月、防災・危機管理を専門とする地区防災研究所が「ペットBLS検定」を開発し、「ペットBLSトレーニングセンター」を開設しました。

ペットBLS検定は、人とペットの防災に関する研究・教育及び普及活動を目的とした、「日本ペットBLS防災学会」主催による学会認定資格です。

ペットのBLS検定はこんな資格です

ご自宅に居ながらしっかりとした救命技術を学べます

こんな方にオススメ

選べる2つの認定コース

実技試験ありのコースです。合格者には一般社団法人日本ペットBLS防災学会認定の認定証と合格証書が送られます。

実技試験なしのコースです。受講者には一般社団法人日本ペットBLS防災学会認定の受講証明書が送られます。
※認定証はつきません。

受講証明コースについて

・使用するトレーニング動画、器材は認定資格取得コースと同じものとなります。
・実技試験はありませんが、理解度の確認を兼ねたアンケート回答は必須となります。
・認定資格コースへの変更や追加での実技試験はできません。

2名〜4名まで複数人での申込みについて

・1つのトレーニング器材を、ご家族・同居人・ご友人などと一緒に共有するお得なプラン。
・お申し込みは4名まで(6歳以上)とさせていただきます。
・発送トレーニング器材は1点のみとなります。
・オンライン講義動画は、お申し込みされた全員がご視聴可能です。
・トレーニング器材と動画パスワードは、購入者にお届けします。
・感染症対策を講じてトレーニングをされてください。

検定の流れはとってもシンプル

お申し込みから認定証受領まで全てワンストップ式かつ非対面式!

※お申し込みされるコースによって内容が異なりますのでご注意ください。
※受講証明コースの場合、受講済み証はトレーニング機材に同封してお届けいたします。

メッセージ

監修

家族であるペットが急に呼吸停止したときに、冷静に救命処置ができますか?

犬猫が心肺停止状態から無事に回復し、普段の生活に戻ることができるようになるには、いかに迅速に心臓マッサージや人工呼吸などの適切な処置ができるかにかかっています。
動物病院に行くまでの数分間を胸部圧迫(心臓マッサージ)できることで救える命があります。愛する家族の命を守れるのは、一番そばにいる飼い主様です。
これを機にエビデンス(科学的根拠)に基づいた正しい心肺蘇生法を習得してみてはいかがですか?多くの飼い主様がペットBLSに参加し、多くの動物が再び幸せな生活を送れることを期待しています。


日本獣医救急集中治療学会 理事長
札幌夜間動物病院 院長
獣医学博士 川瀬 広大

製造

はじめにこのお話を頂戴した時、経験の無い特殊仕様の為、商品化出来るのか不安というのが正直な感想でした。
数度の試作を経て、徐々に完成度が増し、セット内容も含めて無事に量産化できる仕上がりとなって、内心ホッとしています。
近年自然災害が多く発生していることもあり、ご依頼いただいた際にとても良い試みだと感じました。
そのお手伝いを、弊社の「ひざわんこ」とコラボレーションできたことを大変光栄に感じております。


株式会社サンレモン

企画

ペットBLSが目指すところは、人医療のBLS水準です。それは、ペットは家族の一員だからです。

①科学的根拠のあるプログラム
②犬猫の感触に近い器材
③知識と技術の維持


この内の1つでも欠けることで、ペットの救命は叶わないものになると考えています。 ペットの幸せが長く続きますように。

皆さん、是非ペットBLSでトレーニングしてみませんか。


ペットBLSトレーニングセンター
センター長 山本大樹

>ペットBLS®︎検定とは

ペットBLS®︎検定とは

ペットBLS検定は、日本ペットBLS防災学会主催による、犬と猫に対する一次救命処置(BLS)を基準とした学会認定資格です。